あなたの英語の学習をサポートしてくれる、便利なウェブサイト

インターネットが普及した現代では、英語の学習に役立つウェブサイトが増えてきました。原稿付きのニュースビデオや、ラジオポッドキャスト、更には教科書さながらの学習ウェブサイトも用意されています。

 

そういった物を駆使すれば、これからの英語学習の幅が更に広がり、楽しく勉強する事ができるでしょう。お勧めのウェブサイトを、4つご紹介致します。

BBC Learning English

イギリスのニュースウェブサイトですが、英語学習の特別のページが設けられています。

 

一つ目がWords in the Newsです。ニュースで使われたボキャブラリーを、レポートビデオを通して学ぶ事が出来ます。問題も用意されているので、学んだボキャブラリーをしっかり覚えたか、使えるかをテストできるのも良い所です。週に一度更新されます。

 

http://www.bbc.co.uk/learningenglish/english/features/witn/ep-150304

 

二つ目の6 minute Englishでは、今問題となっている環境や経済等についての、二人のディスカッションを聴くことが出来ます。かなり難しい物となっているので、一度原稿無しで聴き、原稿ありで聴いて、最後にもう一度原稿無しで聴くと良いかもしれません。週に一度更新されます。

 

http://www.bbc.co.uk/learningenglish/english/features/6-minute-english

 

三つめは、ユニット別に分けられたLower intermediateというコースです。ユニットごとに学ぶ英語の種類(例:質問)が分けられているため、まるで英語の教科書の様になっています。

 

一つひとつのユニットはいくつかのセッションに分かれていて、それぞれのセッションにはビデオとアクティビティーがついています。英語にまだあまり慣れていない方にお勧めのコースです。

 

http://www.bbc.co.uk/learningenglish/english/features/6-minute-english

VOA(Voice of America)

アメリカのニュースウェブサイトですが、英語学習者用のページが設けられています。そのページには、トップページの右上にある『Learning English』から行くことが出来ます。

 

特徴的なのが、レベル1,2,3と分けられているという事です。難しさ別に分けられているため、自分の能力に合わせた記事を読む事ができます。英語学習者用にスピーキングスピードも落としてあるため、聞きやすくなっているのも良い点です。

 

更に面白いのが、コメントを残すと間違った文法を直し、正しい文を教えてくれるという事です。自分では分らない文法の間違いをチェックしてくれるので、とても便利です。

 

また、英語のスピードにあまり慣れていない方にお勧めなのが、Learning English TVというセクションです。毎日ピックアップされた時事についてのレポートをしてくれるのですが、スピーキング速度が遅く、英語の字幕付きで、非常にわかりやすくなっています。

 

http://learningenglish.voanews.com/

NHK World Service

国際版のNHKウェブサイトでは、日本のニュースを英語で見る事が出来ます。日本のニュースならばすでに知っている内容でもあるので、内容を理解しやすいし、わからなくても英語の意味を推測することができ、聴きやすいでしょう。また、内容が日本の物なので親しみやすいし、興味も持ちやすいが良い点です。

 

更に、ビデオの原稿が付いているので、リスニングが出来なくてもそちらで補う事が出来ます。ただ少し難点なのが、原稿と実際に言われている事が所々違うという事です。多少混乱してしまうかもしれませんが、リスニング&リーディング教材としては、かなりいいでしょう。

 

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/

NHKゴガク

NHKラジオで流されている、語学講座です。ポッドキャストも配信されているので、ウェブサイトから何時でも聴くことが出来ます。まだ海外のウェブサイトには手が出ないという方には良いでしょう。その中でもキャリアアップ、ビジネス英語の上達を目指す方には、ビジネス英語シリーズがお勧めです。

 

一つ目が、ビジネス英語入門です。毎回、新しい英語のフレーズをピックアップしてくれるので、ボキャブラリーを増やすのには良いでしょう。流れとしては『新しいフレーズの紹介→意味の説明→繰り返し聴く→練習する』となっています。

 

意味の説明が日本語なので英語のインプットが少なく、会話のシチュエーションも限定的なので、良いインプット材料とは言えません。しかし、初心者にはいいでしょう。

 

二つ目が、実践ビジネス英語です。: ビジネスに役立つ知識を学びながら、新しい英語のフレーズを学ぶ事ができるようになっています。入門編との大きな違いは、説明も英語がメインで、日本語は補足的にしか使われない点です。インプットにはとても良いですが、初心者には不向きです。

 

https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/english/

おわりに

日本の物がいいと思う方はNHK,海外のものならBBCとVOAが良いでしょう。イギリス英語が好きならばBBCで、アメリカ英語が学びたいという方には、VOAをお勧めします。

 

自分に合いそうな物は見つけられましたか?